SQL Server2008R2にアップグレードするための10のヒント

データベースサーバーをSQL Server2008R2にアップグレードする 多くの計画は、SQL Serverのアップグレードに入ります。 この記事では、私はあなたとあなたの改善プロセスがより滑らかに行くのを助けるべきである10の先端を共有する。

注:この記事はPDFダウンロードとしても入手できます。

1: サポートされているアップグレードパスに注意する

アップグレードの計画を開始する前に、Microsoftのサポートされているアップグレードパスに注意する必要 たとえば、現在SQL Server2005X64Enterprise Editionを実行している場合、SQL Server2008R2Standard Editionにアップグレードすることはできません。 唯一のオプションは、SQL Server2008R2Enterprise EditionまたはDatacenter Editionにアップグレードすることです。

2: アップグレードアドバイザの実行

Sql Server2008R2Feature Packの一部であるアップグレードアドバイザは、SQL Server2008R2のアップグレードを支援するために設計された無料 このツールは、既存のSQL Server展開を分析し、アップグレードを実行する前に対処する必要がある問題を通知します。

3:他の問題に慌てないでください

SQL Serverアップグレードアドバイザによって生成されたレポートには、多くの場合、”その他の問題”と呼ばれるセクションが含まれています。 このセクションは、存在する可能性のある問題を通知する方法として存在しますが、ツールはテストできません。 したがって、”その他の問題”セクションに表示される問題は、必ずしもネットワーク上に存在するとは限りません。

4:Notification Servicesについて何をすべきかを理解する

Notification Servicesを実行しているSQLサーバーがある場合は、それらの処理方法を計画する必要があります。 Notification ServicesはSQL Server2008以降で廃止され、SQL Server2008R2にアップグレードすることはできません。

5: ハードウェアとソフトウェアの要件の確認

移行ではなくインプレースアップグレードを検討している場合は、既存のSQL ServerがSQL Server2008R2を実行するため ハードウェアとソフトウェアの要件のこの完全なリストをチェックしてください。

6:完全バックアップを実行する

言うまでもなく、SQL Server2008R2アップグレードを実行する前に、常に完全サーバーバックアップを実行する必要があります。 アップグレードプロセスは通常スムーズに進みますが、物事は時々うまくいかないことがあります。 アップグレードが計画どおりに進まない場合は、SQL Serverを以前の状態に戻す方法が重要です。

7:データベースエンジンをアップグレードするときに注意してください

データベースエンジンをアップグレードする前に、物事がスムーズに進むようにす まず、Analysis Servicesを実行している場合は、データベースエンジンをアップグレードする前に必ずアップグレードしてください。 Analysis Servicesを最初にアップグレードする必要があります。

アップグレードの直前に、ストアドプロシージャを一時的に無効にします。 アップグレードの過程で、さまざまなSQL関連のサービスが開始および停止されます。 サービスの開始時に実行するように構成されたストアドプロシージャがある場合、それらのストアドプロシージャがアップグレードに干渉する可能性がまた、Master、Model、MSDB、およびTEMPDBデータベースをチェックし、それらがautogrowに設定されていること(および使用可能なディスク領域が十分にあること)を確認します。 また、アップグレードを実行する前に、必ずデータベースレプリケーションを無効にしてください。

最後に、SQL Server2008R2はMax Worker Threads設定を保持するように設計されていますが、Max Worker Threads値を0に設定することをお勧めします。 これにより、SQL Server2008R2は自動的に最適な値を計算します。

8:廃止された機能に注意してください

マイクロソフトは、Sql Server2008R2から表面積構成ツールを削除しました。 ツールの機能のほとんどはまだ存在していますが、アプリケーションの他の領域にロールバックされています。 たとえば、プロトコル、接続、および起動オプションがSQL Server構成マネージャーに表示されるようになりました。 サーフェス領域構成ツールを時々使用する場合は、SQL Server2008R2をラボ環境に展開して、このツールを使用せずにSQLを管理するために必要なものを理解できるよ

9:テストアップグレードの実行

運用データベースサーバーをアップグレードする前に、ラボ環境でアップグレードを試してください。 ドメインコントローラ、DNSサーバー、SQL server、およびその他の必要なインフラストラクチャサーバーの完全バックアップを作成し、それらのバックアップを分離されたラボサーバーに復元します。 SQLが起動して実行されたら、ラボでアップグレードプランを試してみてください。 そうすれば、実際のアップグレードを実行する必要がある前に発生した問題を処理することができます。

10:完了したらクリーンアップを忘れないでください

アップグレードが完了したら、すべてのデータベースでDBCC UPDATEUSAGEを実行して、データベースの整合性を確保します。 また、サーバーを再登録し、フルテキストカタログを再作成する必要があります。 アップグレードのレプリケーションを無効にした場合、またはストアドプロシージャを無効にした場合は、通常の状態に戻す必要があります。

データベースサーバーをSQL Server2008R2にアップグレードする 多くの計画は、SQL Serverのアップグレードに入ります。 この記事では、私はあなたとあなたの改善プロセスがより滑らかに行くのを助けるべきで…

データベースサーバーをSQL Server2008R2にアップグレードする 多くの計画は、SQL Serverのアップグレードに入ります。 この記事では、私はあなたとあなたの改善プロセスがより滑らかに行くのを助けるべきで…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。