持続可能性はなぜビジネスにとって重要なのか?

企業は、企業の持続可能性政策の種類と程度について戦略的意思決定を行っています。 環境および社会的利益に加えて、意思決定プロセスに持続可能性を組み込む企業は、重要な財務上の利点を享受し、長期的な収益性の鍵である投資家

しかし、持続可能性は、ビジネスの文脈に応じて、様々な意味を持つことができます。 この記事では、この概念が環境、雇用慣行、ビジネス慣行の面でどのように適用されるかを理解します。

環境の持続可能性

環境の持続可能性は、廃棄物の発生を減らし、水とエネルギーの効率を高めるために、生産プロセスで代替ルートを作成するなど、多 再生可能エネルギーへの投資は、化石燃料の消費を段階的に廃止し、炭素排出量を削減するために、多くの企業が独自の太陽光発電や風力発電所を建設

私たちの時代の最大の課題の一つである気候変動は、企業が事業を行っている方法に影響を与え続けています。 CDPが実施した研究によると、昨年、世界最大の企業の215社は、気候の影響から約1兆ドルのリスクがあるだけでなく、2兆ドルの機会も見たと報告してい したがって、気候リーダーシップは、今後数十年にわたって組織の収益性を確保するための鍵です。

温室効果ガス排出量を中和できる企業、製品、イベント、建物を認定するオーストラリア政府のプログラムであるClimate Active Programの下でカーボンニュートラル認証を取得することは、組織が気候リーダーシップを発揮する大きなインセンティブです。 この認証は、消費者が緊急の気候行動を求めているため、企業のイメージを向上させることに貢献します。

持続可能性と雇用

長期的に持続可能な戦略を持つ企業は、労働者の給与と給付を支払い、地域社会内で持続可能な生活を送ることができます。 これにより、組織内の忠誠心が構築され、生産性と創造性の向上、詐欺や不始末のレベルの低下を通じて会社に利益をもたらします。

さらに、組織が地域社会の健康と幸福を改善しようとするとき、ビジネスの成功に貢献することに真に興味を持っている従業員をやる気にさせる

ビジネス慣行における持続可能性

生態系への影響を最小限に抑える製品やサービスに対する消費者からの需要の高まりに押されて、企業はサスティナビリティの側面をビジネスの中核にもたらすことに関心を示している。 もう一つの原動力は、すでに企業の社会的責任のレベル、すなわち社会のニーズに対応するための企業の役割を考慮している投資家からの圧力であり、資本を配分する組織の選択の決定的な要因となっている。

持続可能な投資–環境、社会、ガバナンス(ESG)要因を投資判断に組み込むプロセス–が一般的な慣行になっています。 企業は、内部環境政策を構築し、持続可能性に向けた政策の開発に関する組織を導くために国連が提案した持続可能な開発目標(SDGs)との連携のようなグロー

したがって、持続可能性の原則をビジネス慣行に組み込むことが主流になってきています。 この傾向に従わない企業は、投資家からの信頼を失う可能性があり、収益を生み出す機会や社会への模範となる可能性があります。

あなたのビジネスに持続可能性を組み込む方法を探していますか? 今日私達に連絡して下さい。

企業は、企業の持続可能性政策の種類と程度について戦略的意思決定を行っています。 環境および社会的利益に加えて、意思決定プロセスに持続可能性を組み込む企業は、重要な財務上の利点を享受し、長期的な収益性の鍵である投資家 しか…

企業は、企業の持続可能性政策の種類と程度について戦略的意思決定を行っています。 環境および社会的利益に加えて、意思決定プロセスに持続可能性を組み込む企業は、重要な財務上の利点を享受し、長期的な収益性の鍵である投資家 しか…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。