アシャンティ地域:Parkosoで若い女性の殺人で逮捕された男

アシャンティ地域のAsokore Mampong自治体のParkosoで怒っている暴徒にリンチされそうになった若い男が、警察のガードの下でManhyia政府病院に入院している。

容疑者のナナ-ボンスは、若い女性を刺して石打ちしたとされる容疑で起訴された。

20代の若い女性が、アソコレ・マンポン市のパルコソにある容疑者の家で、死体の一部から血が滲み出ているのが発見された。

顔色の良い故人は、庭として使われていた家の部分で半裸で、首と腕から血が滲み出ているのが発見された。

容疑者が彼女を刺した可能性があることが明らかになったため、身体の一部にも打撲傷がありました。

目撃者、リタAwuahは”私は体を見た、それはコンクリートブロックが頭を粉砕するために使用され、別のブロックが体の横に横たわっていたようだった。 故人は半裸で、彼女はパンツとパッドを身に着けていた。 腕と首にもナイフの傷がありました。 また、首や体の部分から血が滲み出ていました。 この事件は私たちを恐怖に陥れました。”

周辺の住民は、衝撃の中で事件を垣間見るために集まっていた。

この地域の怒った暴徒が容疑者ナナ-ボンスをリンチしそうになったが、警察によって救われた。

怒りの暴徒は、家を炎上させると脅した後、家の一部の財産も破壊した。

警察は故人の完全な身元をまだ明らかにしていないが、住民は彼女が商業性労働者である可能性があると疑っている。

アソコレマンポンの警察が現場を訪れ、遺体を検査した後、死体安置所に搬送した。

一方、容疑者は現在、警察の警備下にある万亜政府病院に入院中である。

アシャンティ地域のAsokore Mampong自治体のParkosoで怒っている暴徒にリンチされそうになった若い男が、警察のガードの下でManhyia政府病院に入院している。 容疑者のナナ-ボンスは、若い女性を刺して石…

アシャンティ地域のAsokore Mampong自治体のParkosoで怒っている暴徒にリンチされそうになった若い男が、警察のガードの下でManhyia政府病院に入院している。 容疑者のナナ-ボンスは、若い女性を刺して石…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。